住宅ローン救済コンサルティング|株式会社アークホーム お気軽にお問い合わせください

熊本の任意売却・住宅ローン滞納・不動産の競売・差押えでお困りの方は任意売却で解決(相談無料・秘密厳守)

任意売却とは?住宅ローンの支払いが破綻しても、解決できる道があります!
持ち家を売って、借入金の負担を減らしたい。そこで浮かぶ疑問が「ローンの担保に入り、抵当権が設定された物件を売れるか」。答えは「抵当権者の銀行やローン会社の同意がないと、売却するのは難しい」のです。抵当権(担保)がついていても売却は可能ですが、抵当権は物件について回ります。元所有者がローンを完済せずに返済が滞ると、抵当権者(銀行等)は新しい所有者から住宅を取り上げて、競売にかけることになります。そんな高いリスクの物件に手を出す人はまずいません。

つまり、抵当権がついた住宅を売却する場合、抵当権者と事前に交渉して、抵当権を外してもらうことが必要不可欠なのです。もちろん抵当権の抹消にあたっては、優先して売却代金を抵当権者に対する支払いにあてることが条件になります。このように抵当権を外す確約を取ってから行う売却処分が「任意売却」です。でも、「そんなに簡単に抵当権者の同意が得られるのか」という新たな疑問が浮かんできます。

実は、銀行やローン会社は不良債権を抱え込むことを嫌います。借り手が破産し、担保にとっていた住宅を競売にかける際には、約50万〜約100万円の予納金を裁判所に納める必要があります。また、落札され、配当を受けるまでには1年程かかります。それだけコストと時間をかけても、落札価格は時価を大きく下回ってしまいます。一方、任意売却なら余分な費用もかからず、時価に近い価格で処分できます。任意売却は抵当権者(銀行等)にもメリットが大きい処分方法なのです。

任意売却の手続きは、所有者の代理人として、当社が抵当権者(銀行等)との話し合いから始まります。抵当権者に当社が任意売却の意向を伝え、抵当権者が納得できる売却価格を交渉し、買い手を探していきます。もし複数の抵当権がついている場合は、後順位抵当権者との交渉もいたします。そこで大事なのが、信頼のおける任意売却の専門的不動産業者に依頼するか否かで、その後の人生が左右されると言っても過言でないと思います。
任意売却は私的な契約による行為ですが、関係者全員の十分な理解とモラルがあれば大丈夫です。

競売とは?
裁判所が強制的に不動産を処分・換金し、担保をつけている金融機関にその代金を配当する制度です。又、競売は不動産をお持ちの方の同意を得ることもなく、見ず知らずの方に安価で強制的に売買を行ってしまい突然、強制的に立ち退きを求められる制度の為、売却後は当然債権者や新しく購入された方とのトラブルは避けられません。又、競売にはかなりの時間が費やされ、その間はどうすることも出来ず金銭的にも精神的にも二重三重のマイナスです。

競売は金融機関にとっても所有者にとっても最悪の換金手段なのです。最終的には競売による処分を待つことは金銭的にも精神的にも二重三重のマイナスです。

任意売却とは?
債権を全額返済しなくとも現在の売却可能な金額で売買できるように金融機関の承諾を得て、積極的に買主を見つけ出し、早期に金融機関に対し返済することを言います。
その結果、早期の解決が実現され精神的にも経済的にも今後の皆様方の生活に必ずプラスに働きます。
「ただ、お客様が直接、金融機関に交渉すると不慣れで面倒なため、債権調整が不調に終わる場合があります。

少しの勇気、決断が早期解決の近道です。競売を待つか、任意売却で処理するかによってお客様の今後に多大な差が生じることになると思います。

間違いなく言えることはあきらめて何も行動せず問題を放置しておくよりも積極的に決断し、行動することによって必ず良い結果がついてくると言うことです。 当社では最善の努力をさせていただきます。是非、ご連絡下さい。
ページの先頭に戻る
株式会社 アークホーム
〒862-0913
熊本市東区尾ノ上1丁目48番5号 1F
電話:096-213-6000
FAX:096-213-6001
info@urc-h.com
TOP
不動産業務内容
過去の成功例
任意売却とは
競売のデメリット
お問い合わせ
無料親切相談
その他お問い合わせ
会社案内
会社概要
アクセス
その他
金融機関・弁護士・司法書士・管財人の皆様へ
今注目の新聞記事
お悩み相談室
ご紹介キャンペーン
リンク集

copyright(c) 2016 住宅ローン返済・無料相談 株式会社 アークホーム All Rights reserved.