住宅ローン救済コンサルティング|株式会社アークホーム お気軽にお問い合わせください

熊本の任意売却・住宅ローン滞納・不動産の競売・差押えでお困りの方は任意売却で解決(相談無料・秘密厳守)

Yさんの成功例  43才   会社員
  • 熊本市在住  4人家族
  • 12年前に住宅を購入
  • 住宅ローン残金 2,600万円
メーカー勤務のYさんのケース。住宅ローンの残高2,600万円のほか信販会社や消費者金融などから多額の借り入れがあり、返済に悩んでいた。

数年前、両親の介護費用などのために消費者金融で借りたのを始まりに債務が雪だるま式に膨らみ返済に追われる毎日に。「家族のためにも家は手放したくない」というYさん。しかし収入が減少している現状で、債務整理するよりも、子供の教育費や将来の老後の生活を考えると早めに売却した方がいいと決断される。インターネットで何か解決策はないかと探していたら、当社を知りすぐに相談。今売却しても住宅ローン残高より下回った価格でしか売れない。ただし競売になるとさらに低い価格で落札されてしまう。そこで当社の任意売却を利用することで、売買代金から引越し費用や引越し先の賃貸物件の契約金を用意することが可能に。(売却しても引越し費用や賃貸物件の契約金がいるので引越しができないという悩みを解決するのが当社の任意売却です。物件によって個人差はあります。)

Yさんは、当社の引越し立替え救済により、売却する前に引越しができ、気をわずらわすことなく、無事に売却できた。Yさんにとってきびしい決断だったが、今では思いきって早めに相談して良かったと、おっしゃっています。

競売や自己破産は一時的な債務弁済に過ぎませんが、任意売却することで、自分の抱えるリスクから回避でき、老後の人生設計を見つめ直すことができます。

Kさんの失敗例  46才   会社員
  • 熊本市外在住   5人家族
  • 7年前に5LDKの戸建を購入
  • 住宅ローン残金  2900万円
中小企業にお勤めのKさん。不景気のあおりで急に給料が大幅に下がってしまわれ、住宅ローン以外にも借金があったのでボーナスの支払いが困難になったKさん。どうにかしてマイホームを手放さずにすむ方法はないかと考えられ、個人版民事再生法の手続きを司法書士に依頼し、なんとか手放さずにすんだ。ところが予想もつかぬ程、急激に会社の業績が悪化し、まもないうちに住宅ローンがまた払えなくなられ、親、兄弟にも相談できず、これからどうすればいいのか不安でたまらない毎日をおくることになられた。

Kさんは、せっかく手に入れた、家族の思いがつまったマイホームを手放したくないという、どなたにもある感情で、個人版民事再生法を選択されました。

個人版民事再生法とは、住宅ローンに加え、それ以外の借金があり、毎月の返済額が不可能になった給与所得者が、自宅を手放すことなく住宅ローン以外の借金を大幅に減らせる制度なんです。2001年に始まった制度で、2008年11月9日付の日本経済新聞の記事によると、2007年は過去最低の件数だったそうです。その理由は「個人再生は、住宅ローンの弁済ペースを緩やかにできても基本的に弁済額は減らせないから」と掲載されていました。私は、サラリーマンにとって最も大きな借金は住宅ローンである場合が多いと思います。その住宅ローンの残金は、そのままで、さらに返済年数を今よりながくして支払っていくと、苦しい支払いを先にのばして、たいらに広げるようなことになってしまい、ますます老後の不安をいっそう深刻にしていくのではないかと思います。 それは、あくまでもご本人様の判断にゆだねられますが・・・・・・

私は、今までご相談された方の経験からすると売却して借入残金を減らすことを最優先することが大事だと思います。なぜなら、世界不況による百年に一度の出来事と言われている世の中で、どうなっていくかまったく先がよめません。まず今ではなく、10年後、20年後、30年後を想定して判断されることを提案します。

Eさんの失敗例  53才  会社員
  • 熊本市在住    4人家族
  • 10年前に熊本市郊外に戸建を購入
  • 住宅ローン残金 約3,200万円
ご主人が、地場の歴史ある会社に勤務され、悠々自適の生活をおくられていた。だが突然、会社の業績が悪化しローンのお支払いが困難に、しかし、だれにも相談されることなく、どうにかしてマイホームを維持するため、色んなローンに手をだして何んとかまわしてきたが、とうとう他のローンもくめなくなり、気づいたら何んと住宅ローン以外に借金が900万円超に。マイホームに固執しすぎたために冷静な判断ができずに、余計に傷手を大きくしてしまわれ、仕事も手がつかず、会社での立場もますます悪くなっていかれた。

Eさんのようなケースでも債務整理または破産される前に当社にご相談いただきますと、今後の生活の上でプラスになることもご提供できますので、早めの相談が良い解決につながります。

Aさんの失敗例 42歳 会社員
  • 熊本市在住、4人家族(ご夫婦・子供2人)
  • 6年前に3LDKのマンションを購入
  • 住宅ローンの残金約2000万円
H不動産業者に2000万以上で売却を依頼したが売れなかった。その後、競売で第三者に安く落札され、不動産を失った後も高利の損害金が加算された多額の債務を金融機関から請求され続け、現在でも精神的不安定な毎日をおくられています。

Bさんの成功例 39歳 会社員
  • 熊本市在住、3人家族(ご夫婦・子供1人)
  • 8年前に3LDKのマンションを購入
  • 住宅ローンの残金約2300万円
某不動産業者2社に売却の相談をしたが、2300万円以上では売れないという返事。その後、弁護士に相談したところ自己破産を勧められる。どうしたものか悩んでいる時に当社のことを知り相談。そして依頼。その後、短期間のうちに買主が見つかり任意売買成立。現在は賃貸住宅に引越しされ、精神的にも経済的にも安定した生活をおくられています。

Cさんの成功例/ご主人様46才 奥様44才 会社員
  • 熊本市外在住  5人家族(ご夫婦、子供3人)
  • 11年前に4LDKの戸建を購入
  • 住宅ローンの残金約2500万円
共働きされご夫婦の収入合算で住宅ローンをくまれる。離婚されることになったが、ご主人の会社が倒産し奥さんの収入だけでは払っていけないので、売却することに。しかし、2500万で売りたいが周辺の相場をみると売れそうにないので、奥様が弁護士に相談すると奥様も自己破産を勧められる。たまたま知人から当社を紹介され、相談すると任意売却ができることがわかり、なんとか買主が見つかり任意売却成立。ご主人様は自己破産されたが、奥様は自己破産されずにすみ、現在は奥様と子供3人でおちついた生活をおくられています。

Dさんの成功例/ご主人様34才  自営
  • 熊本市外在住  4人家族(ご夫婦、子供2人)
  • 5年前に郊外に戸建を購入
その後ご主人が脱サラされ、友人と一緒に独立し自営に。だが景気のあおりを受け店をたたまれる。住宅ローン残金約1900万円。

周辺は、売り物件が多くでていて、なかなか安くしても売れていない様子。銀行にたずねると売却する時は全額返済してもらわないと売れませんと言われる。たまたま、相談した司法書士から当社を紹介され、任意売却の方法を知り、債権者との交渉をしてもらい売りだしたところ、無事に買主が見つかり、任意売却成立。

現在は、実家に引越しして再就職先が見つかり、2世帯で狭いながらもがんばっていらっしゃいます。

頼んで良かった!お客様のその笑顔が私たちの支えです
上記のように成功例と失敗例を比較しますと、処理した時点だけではなく将来にかけても金銭的、精神的に雲泥の差が生じます。今まで当社でお世話させていただいた多数のお客様が「たのんでよかった!」と喜ばれています。皆様との出会いを心よりお待ち申し上げております。
ページの先頭に戻る
株式会社 アークホーム
〒862-0913
熊本市東区尾ノ上1丁目48番5号 1F
電話:096-213-6000
FAX:096-213-6001
info@urc-h.com
TOP
不動産業務内容
過去の成功例
任意売却とは
競売のデメリット
お問い合わせ
無料親切相談
その他お問い合わせ
会社案内
会社概要
アクセス
その他
金融機関・弁護士・司法書士・管財人の皆様へ
今注目の新聞記事
お悩み相談室
ご紹介キャンペーン
リンク集

copyright(c) 2016 住宅ローン返済・無料相談 株式会社 アークホーム All Rights reserved.